経験者が語る賃貸物件明け渡しの際の注意点はこれ!

管理会社の言い分はごもっとも!

借りていた賃貸物件を明け渡す際に、多くの物件では管理会社の担当者が物件の立会いにやってきます。もちろん物件の状態を双方で確認して、どの部分が原状回復義務に該当するのかを話しあう場になります。この時、やはり管理会社の担当者はそれを仕事にしていますので、的確に物件の中の原状回復義務に該当する部分を指し示してくれます。そうしているうちに、気付けば明け渡しにかかる費用は結構な額になっていると思います。特に敷金無しで入居している場合などは、全額負担しなければならないので大きな出費になります。

管理会社の提示額はあくまでも提示額です

管理会社のごもっともな意見を聞いていると、管理会社の担当者が提示した明け渡しにかかる提示額は、必ず支払わなければならない額と思ってしまいがちです。しかし、契約時に別段の取り決めがあったとしても、借主に不利な取り決めはそもそも無効となります。更にこれは誤解しがちですが、原状回復義務というのは、決して借りた状態に戻すという意味ではありません。基本的には経年劣化の回復費用は、家賃に含まれているという考え方となります。

管理会社の担当者と交渉が重要です

管理会社の担当者から提示された原状回復にかかる費用は、もちろん交渉の余地があります。ここでははっきりと自分の意見をぶつけましょう。基本的には、自分で壊してしまったりうっかり傷付けてしまったものは元通りにしなければなりません。それ以外の経年劣化による汚れや染みなどはもちろん原状回復義務に該当しません。中でも特に明け渡しの際に多いのが、ハウスクリーニング費用を請求される事です。基本的にこれは貸主が行う事ですので、いくら部屋が埃にまみれていても、これを支払う必要はないのです。

北海道の中心部である札幌の賃貸は、他県に比べると、駅近くの優良物件でも、かなりの低価格で広い物件を借りることができます。